マスタードシードの代用に挑戦

キッチハイクに参加した際、美味しそうなレシピを幾つも教えていただいた。
基本的な材料があれば、自分でも挑戦できそうな感じである。

手元にビーツがあったので、はちみつサラダを作ってみた。
詳細なレシピは著作権があるので載せられないが、材料の中に「マスタードシード」の記載が!

自宅にはフツーの和辛子があるが、多分(確実に)別物なので。
どうにか似て非なるものでサラダのドレッシングを作りたい。

とにかくやるべき事は検索。
「粒マスタード 代用」でGoogle先生に訊ねる。

おいしくなりそうなページを一挙羅列します。
後述する作り方の基本は全て下記のページからアイデアを頂きました。

https://xn--mnqw6l825a.jp/grain-mustard/
#【粒マスタードの代用品】からしで代用可能?身近なもので代用できる代替品を紹介!さん

https://xn--mnqw6l825a.jp/mustard-seed/
#【マスタードシードの代用品 3選】身近なもので代わりになる!おすすめ代替品を紹介!さん

https://droppernews.com/archive4256.html
#マスタードとからしの違いは?一瞬でできるマスタード即効代用レシピ! – 話題のドロップ!さん

結論としては、和辛子が苦手な夫に合せて塩梅し。
最初は、からし+ハチミツ+果実酢(穀物酢)(3:1:1)で和えてみたが、まだまだ辛いそう。

更にマヨネーズを加えて、味を丸くした。
粒っぽいものも入れたかったので、クミンシードを軽く乾煎りして(カッコよくいうならテンパリング…か?)混ぜ込んだ。
概ね大さじ1.5位だったと思う。

何となくソレっぽいものが出来たので、今回はokと捉える事にします。
ちゃんと粒マスタードを買うようにしようと、真面目に反省した。

土鍋でビーツを焼く

オーブンはあるのだが、未だに使い方を把握していない。
よってオーブンを用いるレシピはフライパンや土鍋に頼りがちになる。

次の記事に続くのだが、キッチハイクさんでビーツのオーブン焼きを教えていただいた。
冷夏で夏バテもしていないんで、オーブンの能書きを読まなきゃ…と思ったが、ものぐさなので土鍋で代用を考えついた。

連想したkey wordは「土鍋 焼き芋」。
オーブンで焼く時にも濡れたキッチンペーパーでくるんで、アルミホイルを更に巻いて加熱するそう。
同様の効果が土鍋でもいけるんじゃないかと考えたのです。

例によって解決方法は全てGoogle先生に訊ねる。
以下は参考にさせていただいたサイトさま達です。
心からの御礼を申し上げたい。

https://cookpad.com/recipe/3671148
#甘さ引き出す石焼き芋 土鍋使用 by Terabonneさん

https://mimiyoribanasi.com/41.html
#普通の土鍋でつくる美味しい焼き芋!空焚きOKの土鍋って? | 一期一会さん

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2016/04/02/122801
#超おすすめ携帯食 土鍋で作る石焼き芋 – はてこはときどき外に出るさん

https://haimoo.at.webry.info/201011/article_4.html
#100円土鍋で石焼き芋(作り方つき):  オラの日常さん

サツマイモは、ねっとり甘く、しっとり。ジャガイモも、ホコホコ、甘みが出るようだ。

アルミホイルの座布団を敷かないと、かなり焦げて、いぶくさいニオイがついて、オラは好みじゃなかった。

座布団で焦げを緩和すると「ほんのりオコゲの香り」で、本物の石焼き芋ふう。座布団を敷くようになって、今のところ成功率100%♪

https://haimoo.at.webry.info/201011/article_4.html

大事な事は、前述の引用のように乾煎りする土鍋にホイルを敷いておく事っぽい。
また、ビーツの大きさに応じて半分割したり、しなかったり。

今回は、大きめのビーツなので1/2に切断。
キッチンペーパーを巻いて、その上にホイルを巻き付ける。
土鍋に入れる。
弱火から中火くらいで、ざっくり20-30分おきにひっくり返す。

私はMacのタイマーを使っているので、作成中は何もやらない。
ひっくり返す度に竹串やフォークを刺してみて、すんなり通ったらok。
あとは火を止めて放置。
触れる程度にビーツの温度が下がったら、皮を剥いてタッパにぶち込んでおしまい。

くるんでます
包みをはがしました

いつもビーツを切ったりする時にはまな板が真っ赤になってしまう。
ただ、丸焼すると手が汚れたりする事が、かなり軽減される事が分かった。

こんな感じでうま味がぎゅっと詰まったように美味しくなるんなら、夏場以外は土鍋で加熱してもいいかもしれない。

海老殻出汁でラーメン

週末、横浜橋で海老が安かったので、お刺身にした。
残った海老のカラと頭を使って拉麺のスープを作った。

手順はいたって簡単。
海老の殻を鍋に入れ、酒類(日本酒でも焼酎でも適当に)を入れ、一回沸騰したら弱火で10−15分煮る。
— ココマデ昨日に済ませておいた。

本日は、海老殻を濾し袋に移し替えて作業再開。
水を足しつつ、生姜チューブ2センチ程度・鳥ガラスープの素7g位を投入。
#この段階で長ねぎを入れておいたら、もっと美味しくなったと思う。

時間の余裕があったら、海老殻をブレンダーに掛けたかったが今回は割愛。
更にモヤシやキャベツ等の野菜を入れて、スープの作成はおしまい。

濾し袋に入れた海老殻は野菜の上に再度鎮座させたので、主人が不思議そうに袋を見ていた。

最初の手順を1日単位で済ます事もあるんだが、昨晩は固焼きそばをリクエストされていたので、持ち越し案件になっていた。

本当はもっと丁寧に作らなくてはいけないような感じだが、普段の晩ご飯にはここれくらいの雑な手順でも無問題。

ちゃんとした出汁といいますか、スープの作り方は、下記のサイトさま方をご確認ください🙇🏻

https://kumiko-jp.com/archives/112393.html
#海老の殻を使った、出汁の取り方。平野レミさんのおすすめ。 | やまでら くみこ のレシピさん

https://www.lifehacker.jp/2017/09/170927-flavr-packed-stock-from-shrimp-shells.html
#エビの殻で作る最高のスープストック。そのレシピと活用法 | ライフハッカー[日本版]さん

チャーシューは、こちらのレシピが真面目に美味しく簡単でした。

レンジを使っていないのですが、皮目にフォークで穴を開け。
皮を下にして下記のタレを全て入れ、一回たぎらせる。
他の作業があるので、極弱火にして適宜裏表を返して。
10分くらい煮たかと思うが、焦がしたくないので火を消して放置。

もし、加熱が甘くても、切り分けたら分かるので。
生っぽかったら、再度切り身を加熱すればokだと思います。

以下、材料の抜粋です。

鶏もも肉、または鶏ムネ肉 1枚 (300~330g)
チャーシューのタレ
◎醤油 大さじ2
◎みりん 大さじ2
◎砂糖 大さじ1
◎とんかつソース 大さじ1/2~大さじ1※
※中濃ソース、ウスターソース、おたふくソースでもOKです。

出典:
https://mariegohan.com/7693
#レンジで簡単鶏チャーシュー。胸肉しっとりやわらかレシピ | つくりおき食堂さん

冷凍餃子も少し焼いて。
冷やしトマトを出して。
この日の晩ご飯はおしまい。