ペヤングのソースを活用する

横浜の新山下にあるメガドン・キホーテでペヤングの焼きそばソースを買い求めた。


普通にコロッケなどの揚物に使っても美味しいが、ココはやはり正しい?使い方として焼きそばを作りたい。

一般的にインスタントの焼きそばは、最初から袋に1回分が詰められている。
今まで気にせず使っていたが、それが何グラムなのか全く見当がつかない。

あれこれとこのペヤングソースを使ったレシピを検索するのだが、概ねソースの量は「目分量」や「好きなだけ」的な書き方をされているサイトが多かった。

ただ、私は非常に不器用なので。
以前は手が滑って、だばだばっとソースが入り過ぎ、夫を困惑させた事がある。
その際は野菜などを増やしてごまかしたが、いかんせん濃過ぎてやばかった。

折角なので、1回の焼きそばに使うソースの適正量も知っておきたい。
…グラム的な、分量を記載しているレシピを探しまくった。

そして、漸く発見!
下記のサイトさまに心からの御礼を申し上げます。

こちらのサイトさんはすごく丁寧に分析されていて、勉強になりました。
製造元のことまで記載されてます。
https://cupmen-review.com/peyoung-bottle-sauce/
#「ペヤングボトルソース」をカップ麺のソースやきそばと比較さん

内容量200mlで通常商品の10食分ということは、単純計算で1食あたり20mlになるので、念のために調理の際はデジタルスケールを使用します。

https://cupmen-review.com/peyoung-bottle-sauce/

私は野菜も多めに炒めるので、25mlくらいで作ってみました。
美味しくできたので、大感謝を🙇🏻

こんなやつです。

強力粉を薄力粉としてのキャベツ焼き。

春キャベツが美味しい時期になったので、晩ご飯はキャベツ焼きをメインとした鉄板焼き系にした。
最初は粉モノから始めて、ウィンナーを焼いたり。
レンジアップしておいた新ジャガをアルミホイルにくるんで再加熱、じゃがバター錬成とか。

野菜メインで展開できるので、私たちの健康にも良い(はず…)。

ところで、小麦粉は3種類販売されている。
暖かくなってきたらパンも作ったりするので、自宅には強力粉しか置いてない。
保管スペースも無いし、薄いものを濃くするのは難しいが、その逆ならいけるのではないか…と考えているからです。

毎回、強力粉にどの程度の片栗粉や重曹を混ぜるのかを忘れてしまうので、改めて覚書きを。

レシピに薄力粉と書いてあれば、強力粉で代用した場合は違う食感のものができますよね(粉に含まれるグルテン量の違いによる)。
強力粉で代用する場合は、強力粉に10〜15%のコーンスターチを混ぜたものを使うといいそうです。

http://minnano-cafe.com/topics/6369さんより

今回はキャベツ焼きなのでさらっとした生地にしたく、20%くらいの片栗粉にした。
いちいちパーセンテージまで計らないので、大きめの匙1つが片栗粉。
残り3杯が強力粉で、およそ25%を混ぜた計算になるかと思う。
普通に美味しくいただけたので、当面の間小麦粉は1種類しか買わない事にします。

この日の晩ご飯はこんな感じ。
・キャベツ焼き
レシピはこちらのページを参考にしました。
https://cookpad.com/recipe/2299821
#簡単!節約!キャベツ焼き by Atto♡さん

・じゃがバターとウィンナーを焼いたもの。
#じゃがいもはキッチンペーパとラップにくるんで3分半加熱しておいた。

・胡瓜のサラダ
https://cookpad.com/recipe/1308707
#きゅうりのごま油と韓国のりの和え物。 by Kanako7777さん
#豆板醤は入れずに。海苔は地海苔(千葉などの名産で海藻の形を残してるふうのやつ)で。
https://fusanoeki.jp/shop/item_detail?category_id=454762&item_id=1942555
#地のり | 房の駅オンラインショップさん
#千葉のみならず新潟の地海苔も美味しかったので、物産展などで良く買い求めてます。

野菜がおいしい季節はとても嬉しい。

材料2つでウスターソース。

お中元やお歳暮で夫が果汁100%のジュースを貰う事がある。
社内の皆さんで分かち合うので2,3本だが、とても美味しい。
とはいえ私は貧乏性なので、大事にしまったまま月日が経ってしまう事がしばしば発生(;・∀・)

2人で分かち合う事もあるんだが、ジャムやシチューに使うことも。
そんな生活を送っていたら、面白い記事を見付けた。

ウスターソースのとても簡単な作り方をご紹介します。
料理研究家の<a href=”http://tado-junko.com“>タド・ジュンコ</a>さんが考案した、わずか2分で出来るレシピです。
主な材料はリンゴジュースと醤油だけで、フライパンで煮詰めるだけで完成します。リンゴジュースが残った時や、ウスターソースをちょっと使いたい時に便利なレシピですよ。
(情報元:テレビ東京「ソレダメ!」2017年7月5日放映)

https://kumiko-jp.com/archives/122296.html
#ウスターソースの簡単な作り方。わずか2分で完成。 | やまでら くみこ のレシピさん

「ウスターソース」のレシピです。
材料【130ml分:調理時間2分】
100%リンゴジュース … 200ml
醤油 … 50ml
米酢 … 少々
塩 … 少々

https://kumiko-jp.com/archives/122296.html
#ウスターソースの簡単な作り方。わずか2分で完成。 | やまでら くみこ のレシピさん

実際に作ってみた。
確かにウスターソースの味はするので、凄いと思った。
そして個人的好みとして、もっと濃いめの方が好きなので。
次回作成時には醤油は九州醤油の甘めのもので。
刺身醤油が向いてるように思う。

また、炒め玉ねぎを加えたり、胡椒を入れてみたり。
トマトや大蒜を追加しても良いように思う。
小麦粉でトロミをつけてもイイかも知れない。

ここまで書いて思ったが。
私の方向性はとんかつソースとか、中濃ソースを求めているんじゃないかと反省。
多分、普通のウスターソースはもっとサラッとしているのが正解じゃないかと思う。