スペイン風肉じゃがとビリヤニ - 全てラム肉

5月の連休初日なので、夫とゆっくりする事に決めて。
日中はお互いお昼寝をしたり、好きな本を読んだり。
近所を散歩したり等、半径1キロ圏内で過ごしていた。

晩ご飯は2人で作った事がない献立に挑戦。
主人の担当はマトンビリヤニ。
私の方はスペイン風ラム肉じゃが。

それぞれのレシピはこちらです。
http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20140912.html
#チキンビリヤニのレシピ|キユーピー3分クッキングさん
#肉種が異なっても、多分大丈夫だろうと…。

https://www.bob-an.com/recipes/detail/15296
#スペイン風ラム肉じゃがの作り方|料理レシピ[ボブとアンジー]さん

お互いにトマトは1つずつ使うので、まとめて剥いておく。
にんにくも必要分量むいておいた。

◆ビリヤニ
自宅で作る時に勝手なアレンジを。
最初にカレー粉に漬け込むのは手順通りで。
全体的にフライパンで炒め和える時には、ビリヤニの素*1を使った。
手元に赤ピーマン(パプリカでもokなのだろうが)が無かったので、普通のピーマンとサヤエンドウを突っ込んだ。
ひよこ豆も煮上がっていたので、こちらも投入。

ビリヤニの素と最終形態はこんな感じです。

◆スペイン風ラム肉じゃが
レシピに塩胡椒が記載されていなかったので。
ラム肉を炒める時に、ざざっと振っておいた。
その後、煮込む時にも、少し追加で。

魔改造な反省箇所は、ブイヨンがないのでコンソメキューブで。
玉ねぎとにんにくは分けて入れるとの指示がありますが、まとめてバーミックスでみじん切りにするので見なかった事にした。
ビリヤニでも人参とかひよこ豆を勝手に追加していますが、こちらも同様。
何となく合いそうな野菜を追加してしまっていますが、(゚ε゚)キニシナイ!!

◆補足
大胆に道を踏み外さなければ、何かと改変しても多分イケると思います。
今回は手元にある茸を入れてみたら、もっと美味になる予感もした。

ビリヤニの素*1については桜木町の36Spicesさんで購入。
ジャスミン米もお手ごろ価格で入手可能です。

最後に。
正しいビリヤニに付いては下記のサイトさま方をご覧ください。

http://fugutunatennis.blogspot.jp/2016/02/blog-post_28.html
#ビリヤニ太郎のブログ: 本格的なチキンビリヤニの作り方とレシピさん

http://minami-indo.com/biryani-recipe-small-size
#4人分までならこの作り方で「ハイデラバーディ・ラムビリヤニ」のレシピ | 南インド屋さん

https://gourmet.dmkt-sp.jp/gourmet/contents/login/gourmet_news/r108
#世界三大炊き込みご飯!!「ビリヤニ」の魅力に酔いしれてきた…|dグルメ(ドコモ)さん