土鍋でビーツを焼く

土鍋でビーツを焼く

オーブンはあるのだが、未だに使い方を把握していない。
よってオーブンを用いるレシピはフライパンや土鍋に頼りがちになる。

次の記事に続くのだが、キッチハイクさんでビーツのオーブン焼きを教えていただいた。
冷夏で夏バテもしていないんで、オーブンの能書きを読まなきゃ…と思ったが、ものぐさなので土鍋で代用を考えついた。

連想したkey wordは「土鍋 焼き芋」。
オーブンで焼く時にも濡れたキッチンペーパーでくるんで、アルミホイルを更に巻いて加熱するそう。
同様の効果が土鍋でもいけるんじゃないかと考えたのです。

例によって解決方法は全てGoogle先生に訊ねる。
以下は参考にさせていただいたサイトさま達です。
心からの御礼を申し上げたい。

https://cookpad.com/recipe/3671148
#甘さ引き出す石焼き芋 土鍋使用 by Terabonneさん

https://mimiyoribanasi.com/41.html
#普通の土鍋でつくる美味しい焼き芋!空焚きOKの土鍋って? | 一期一会さん

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2016/04/02/122801
#超おすすめ携帯食 土鍋で作る石焼き芋 – はてこはときどき外に出るさん

https://haimoo.at.webry.info/201011/article_4.html
#100円土鍋で石焼き芋(作り方つき):  オラの日常さん

サツマイモは、ねっとり甘く、しっとり。ジャガイモも、ホコホコ、甘みが出るようだ。

アルミホイルの座布団を敷かないと、かなり焦げて、いぶくさいニオイがついて、オラは好みじゃなかった。

座布団で焦げを緩和すると「ほんのりオコゲの香り」で、本物の石焼き芋ふう。座布団を敷くようになって、今のところ成功率100%♪

https://haimoo.at.webry.info/201011/article_4.html

大事な事は、前述の引用のように乾煎りする土鍋にホイルを敷いておく事っぽい。
また、ビーツの大きさに応じて半分割したり、しなかったり。

今回は、大きめのビーツなので1/2に切断。
キッチンペーパーを巻いて、その上にホイルを巻き付ける。
土鍋に入れる。
弱火から中火くらいで、ざっくり20-30分おきにひっくり返す。

私はMacのタイマーを使っているので、作成中は何もやらない。
ひっくり返す度に竹串やフォークを刺してみて、すんなり通ったらok。
あとは火を止めて放置。
触れる程度にビーツの温度が下がったら、皮を剥いてタッパにぶち込んでおしまい。

くるんでます
包みをはがしました

いつもビーツを切ったりする時にはまな板が真っ赤になってしまう。
ただ、丸焼すると手が汚れたりする事が、かなり軽減される事が分かった。

こんな感じでうま味がぎゅっと詰まったように美味しくなるんなら、夏場以外は土鍋で加熱してもいいかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です